Boris Continuum Particle Illusion v2020

通常価格:¥ 39,600 税込

¥ 39,600 税込

商品コード: BCPI

数量


2020の更新には、専門的に設計された新しいエミッター、改善された検索機能、多くの新しい時間節約機能が含まれます。

Particle Illusionは、ゼロから64ビットアプリケーションとして再設計され、編集者とアーティストが使いやすく強力なハイエンドのパーティクルおよびモーショングラフィックスジェネレーターにアクセスできるようにします。
タイトル、ローワーサード、背景グラフィックス用のプリセット駆動のフォトリアリスティックパーティクルエフェクトを即座に作成します。パーティクルをオーディオに同期するための統合されたBeat Reactorが含まれています。








【新着情報】

リアルタイムGPUベースのパーティクル生成
滑らかで新しいユーザーフレンドリーなインターフェースにより、スパーク、煙、花火、爆発などのモーショングラフィックスを簡単に生成できます。
お気に入りのホストアプリケーションにとどまりながら、見事なアニメーションを作成しましょう!



統合されたMochaトラッキングとマスキング
モーショントラッキングパーティクルが簡単になりました。

パーティクルイリュージョン内にMochaのプラナートラッキングおよびマスキングツールが統合されているため、ユーザーは他のパーティクルプラグインに比べて独自の利点を得ることができます。
プロジェクトのタイムラインを離れることなく、高度なVFXタスクを達成します。

Mochaのトラッキングには、スプラインツール、エッジスナップスプライン、さらに高速なマスキングのための幾何学的形状の4つのスプラインツールが含まれます。

Continuum 2020の新機能にエリアブラシツールを使用すると、大きなトラッキングエリアを簡単にペイントすることができます。



改良されたエミッターライブラリ
Particle IllusionのEmitter Libraryにはユーザーがすばやく作業できるように、専門的に設計された数千のプリセットがあります。
エミッタをダブルクリックするだけで、追加することができます。

Continuum 2020またはParticle Illusion Unitを持っている他のチームメンバー間で新しいプリセットをカスタマイズ、保存、共有するオプションもあります。



編集可能なパーティクルプロパティ
プリセットを微調整することができます。
色、タイプ、スプライトの形状、基準点、色、アルファグラデーションプロパティグループは完全にカスタマイズ可能です。
パーティクルアニメーションをすばやく作成します。



寿命の長いパーティクルカラーとアルファコントロール
瞬時に色とアルファのグラデーションを調整します。
ユーザーは、パーティクルの寿命にわたってパーティクルが採用する色をコントロールできるようになりました。
ユーザー定義のストップでパーティクルグラデーションを作成します。
アルファ値を使用して、パーティクルのオンとオフをパルスしたり、時間の経過とともに徐々にフェードします。


スタンドアロンオプション
パーティクルイリュージョンはスタンドアロンアプリケーションとして実行できますが、レンダリングはプラグインとしてのみ使用できます。アーティストおよびエディターは、スタンドアロンを使用して、ホストアプリケーションの外部でプリセットエフェクトを作成および保存し、ホストタイムライン内からその保存したエフェクトをレンダリングできます。


【特徴】

数千のプリセットを備えたエミッターライブラリ
Particle Illusionには、工場出荷時にインストールされた数千のプリセットエミッターが付属しています。
ライブラリブラウザーでエミッターを選択し、サムネイルをダブルクリックするだけでシーンに追加されます。
コントロールパネルの値をスクラブすることで、位置、形状、ライフ、数値のサイズなどを簡単に制御できます。
自動キーフレーミングオプションを使用して、エミッタプロパティをアニメーション化します。

-Continuum 2020の新機能!-
・パーティクルスプライトを任意のエミッターライブラリから選択可能に
・エミッタライブラリのリストビューとグリッドビュー
・グリッドビューのサイズ変更可能なサムネイル
・改善された可視エミッターのタグ付けとエミッター検索機能
・エミッタの名前を変更、変更、保存、削除が可能に



リアルタイムプレビューウィンドウ
Particle Illusion UIには、選択したエミッタのアニメーションプレビューを自動的に表示するリアルタイムプレビューウィンドウが含まれています。
完全にインタラクティブなプレビューウィンドウの周囲にマウスをドラッグすると、エミッターがアニメーションをたどります。
パーティクルがどのように見えるか確認することができます。

-Continuum 2020の新機能-
・すべてのエミッターの高解像度サムネイル
・背景色を選択できるプレビューウィンドウツールバー



使いやすいドラッグ&ドロップ機能
パーティクルイリュージョンを使用すると簡単に素晴らしいパーティクルアニメーションを追加できます。
ライブラリでエミッタを選択し、ダブルクリックするとシーンに追加されます。
ショット上の目的の場所をクリックすると、エミッタが空間と時間の特定の位置に追加されます。

-Continuum 2020の新機能-
・40以上の新しい専門的に設計されたエミッター



スピーディなキーフレームナビゲーションを備えたコントロールパネル
ほとんどのエミッターにはキーフレームアニメーションがあります。
これらのキーフレームを簡単に見つけて変更できるように、アニメーション付きのパラメーターはコントロールパネルの赤いボックスで表示されます。
ナビゲーションアローを使用すると、キーフレームごとに時間キーフレームを簡単に移動できます。
補間は矢印を使用してキーフレームを移動し、補間ボックスをクリックして、使用可能なオプション(線形およびベジェ)から選択して調整できます。



画面上のモーションパスを備えたインタラクティブステージウィンドウ
エミッタの位置が時間とともにアニメーション化されると、表示されているモーションパスが複合ウィンドウ上に表示されます。
モーションパスには、エミッタソースの位置と速度の経時的な変化が表示されます。
画面上のパスは完全にインタラクティブです。
複合ウィンドウ内の可視モーションパス上のポイントの位置を変更して、速度を制御します。
画面上のコントロールを介して方向ハンドル付きのベジェキーフレームを変更します。



色、透明度、ライブビデオのプレビュー
ソースショット上でパーティクルを表示すると、パーティクルシステムをセットアップするときに非常に役立ちます。
合成ウィンドウをオンザフライで簡単に切り替えることができます
ソリッドカラー(明るいソースショットで明るいパーティクルを使用する場合に最適)
透明度(パーティクルシステムでアルファ値を確認するのに便利)
またはライブアクションショット(正確な位置決めに必要)。



ベジェスプラインアニメーションコントロールを備えたグラフビュー
パラメータは2つの方法で調整できます。
コントロールパネルで数値を変更するか、グラフビューでアニメーションスプラインをドラッグします。
グラフビューは、時間の経過とともにアニメーションを調整するための簡単で直感的な方法を提供します。
すべてのパラメーターのキーフレームがグラフに表示されます。
混乱を避けるため、選択したパラメーターのグラフのみが常に表示されます。



エミッターとワールド用の独立したホストネイティブトランスフォーム
エミッターの位置、スケール、回転と、エミッターが存在する世界はホストネイティブパラメーターを介して独立してコントロールできます。
パーティクルイリュージョンのカスタムUIに戻ることなく、エミッタの位置またはワールドをすばやく変更します。
Adobeを使用しているユーザーはこのワークフローにより、スクリプトを使用したピックホイップ自動アニメーションが可能になります。



モカモーショントラッキング
Continuum内のほぼすべてのフィルターには、Mochaのアカデミー賞を受賞した平面トラッカーが含まれています。
Particle Illusionも同様です。パーティクルエミッタの位置とワールドカメラの位置の両方を、Mochaの追跡データを使用して個別にまたは一緒に駆動できます。
新しいMocha Essentials UIを使用すると、Mochaの初心者でも経験豊富なMochaユーザーでも、高度なVFXを簡単に実現できます。



モカと統合されたピクセルチューザマスキング
ユーザーはMocha x-splineシェイプのパワーを利用して、フィルターの出力をショット内のユーザー指定の領域に分離することもできます。
必要に応じて粒子を覆い隠すことにより、奥行きとリアリズムを追加します。



FXブラウザを備えた拡張可能なプリセットライブラリ
Continuumのすべてのフィルターに含まれるプリセットのロード/保存メカニズムにより、カスタムパーティクルイリュージョンプリセットを簡単に保存および共有できます。
複数のエミッターをシーンに追加し、パーティクルイリュージョンUIで位置をアニメートして、保存します。
新しいプリセットは、サポートされているContinuumホスト内の任意のプラットフォーム上の任意のプロジェクトに再ロードできます。
複雑なアニメーションを一度作成し、何度も繰り返し使用します。


【互換性】
Adobe: Creative Cloud, CS5.5-CC 2019 – After Effects 及び Premiere Pro
Avid: Media Composer 6.5+
Blackmagic: DaVinci Resolve 12.5+
Sony: Vegas Pro 13
Magix: Vegas Pro 14+
Foundry: Nuke 9+

グラフィックカード:ホストアプリケーションでサポートされている最新のグラフィックカードドライバーバージョンを実行することをお勧めします。1GB以上のRAMを搭載したグラフィックカードが必要です。2GBのRAMを推奨します。