新規 Zaxwerks 3D Invigorator for Photoshop

通常価格:¥ 21,780 税込

¥ 21,780 税込

商品コード: ZW3DIPS

関連カテゴリ

  1. Zaxwerks
  1. Zaxwerks
  2. New
数量


ベクトル&描画ツールで数分で3Dロゴを作成

3D Invigorator 6.1はPhotoshop内に真の3D環境を提供します。
バージョン6.1はPhotoshop CS6との互換性に加えて、画像をインポートし画像をオブジェクトに直接マップする機能などの新機能を提供します。
その他の機能には3Dプレビューウィンドウでライブシャドウを見ることができる改良されたOpenGLレンダラーと、バンプマップまたは透明度マップを作成するのに役立つ新しいグリッドシェーダーが含まれます。


これにより、使い慣れたベクターツールを使用して3D形状を描画および編集するための簡単なオブジェクトエディター、カラフルな3Dマテリアルを作成するためのGradientWerks、手続き型テクスチャマッピングなどのマテリアルエディターオプションなど機能セットが追加されます。

Zaxwerks Incと共同開発した3D Invigoratorは、高品質の画像と時間節約のワークフロー機能でビデオおよび映画業界で有名です。
現在、この人気のある3DデザインツールはPhotoshopをまったく新しいレベルに引き上げています。


ILLUSTRATORから3Dまで数秒で
3D Invigoratorの操作は本当に簡単です。
Illustratorファイルを指定するか、テキストを入力するか、プラグイン内で単純な形状を選択します。
プラグインはすぐにオブジェクトを押し出し、3Dワイヤフレームを作成します。
そこからドラッグアンドドロップのマテリアル、ベベル、ライトを追加して、グラフィックを3Dの傑作に彫刻できます。


シンプルなインターフェースがあらゆる種類の3Dオブジェクトを処理します
Invigoratorにはオブジェクトとシーンを設定するための完全な3D環境があります。
このインターフェイスにより、通常の3Dプログラムでは数時間かかるオブジェクトを数分で簡単に作成できます。
3Dオブジェクトを設定すると任意の角度から表示および回転できます。Invigoratorの楽しく強力なツールを使用して、テキストをすばらしいロゴに変換するリアルタイムの変更を行います。



自動オブジェクト作成
この機能は、画像から3Dモデルを自動作成します。
通常、画像を測定し、適切な比率の平面を作成し、画像を使用してマテリアルを作成してから、そのマテリアルを平面に適用する必要があります。
新しい自動イメージ作成機能を使用するとイメージをインポートでき、他のすべての処理が自動的に行われます。
これはワンクリックでモデルを作成するマッパー機能です。
実際、画像のフォルダー全体をインポートし、フォルダー内のすべての画像をワンクリックですぐにアニメーション化できる3Dオブジェクトに変換できるようにスーパーチャージしました。



グリッドシェーダー
新しいグリッドシェーダーを使用して、パターンやバンプ、透明度、反射マップを簡単に作成できます。不透明度の値を調整して、他のデザインとブレンドできる透明な線またはグリッドを作成します。
これにより、大理石やその他のタイル床などの背景要素を簡単に設定できます。



カスタマイズ可能なワークスペース
3D Invigorator Classicインターフェースは完全に刷新されました。
これにより任意の方法でワークスペースをカスタマイズでき、ワークスペースボタンを使用してあるワークスペースから別のワークスペースに簡単にジャンプできます。

新しいワークスペースのセットアップにより、必要な数のパネルを開いたり閉じたりできます。
これにより、すべてのコントロールに一度にアクセスできる複雑なワークスペースを作成したり、一度に少数のコントロールのみが必要なシンプルなワークスペースをセットアップしたりできます。

サイズ変更/再配置パネルにより、すべてのパネルを適切なサイズと位置になるように配置できます。
また、パネルをタブに配置してワークスペースを保持することもできます。
パネルを最大化するには、〜チルダキーを押します。
これにより、これらすべての詳細をすばやく微調整できます。

独自のワークスペースを保存およびロードできるため、お気に入りのすべてのワークスペースをすぐに使用できます。



リアルタイム描画ツール
ペン、鉛筆、図形、テキスト、選択などの使い慣れたツールを使用して、プロフェッショナルなロゴを作成および編集します。
自動曲線、コーナーの丸み付け、パラメトリックシェイプなどの新しいベクトル描画ツールを使用すると、オブジェクトをこれまでになく迅速に作成できます。自動曲線ツールは、描画した曲線を自動的に滑らかにするペンツールです。
コーナリングツールを使用すると、任意のコーナーをドラッグして、丸いコーナーまたは曲線に変換できます。
カスタマイズ可能なパラメトリック図形を使用すると、単純な図形をすばやく作成し、パラメーターを変更して編集することができます。

インポートしたAdobe Illustratorファイルを3D Invigorator Classic内で直接編集できるようになりました。
つまり、微調整が必​​要な小さな曲線がある場合は、描画ウィンドウ内でベジェ曲線を調整できます。プログラムを切り替える必要はありません。

多くのキーボードショートカットコマンドが実装されているため、ペンツール、アンカーポイントツールの変換、ポイント選択ツールなどの最も一般的に使用されるツールを簡単に切り替えることができます。
カットアウトの作成も簡単なプロセスです。シェイプを同じレイヤーに配置し、あるシェイプを別のシェイプとオーバーラップすることにより、プログラムはどのシェイプを切り取るかを知るのに十分スマートです。

新しいプロファイルエディタウィンドウでベベルを描画します。
プロファイルエディタで作成した形状またはデザインは、すぐにオブジェクトに適用されます。
また、作成したカスタムベベルを保存およびロードし、描画ウィンドウの任意のベクトルツールでベベルを編集することもできます。



オブジェクトリスト
オブジェクトリストを使用すると、ドラッグしてオブジェクトをあるセットから別のセットにすばやく移動できます。
これにより、オブジェクトをすばやく整理したり、ペアレンティングやグループ化を簡単に設定したりできます。
[オブジェクトリストプレビュー]ウィンドウでは、オブジェクトをプレビューして、編集内容を正確に把握することもできます。

エディタビューセットを使用すると、最大8つの個別のビューセットを保存できます。
各ビューセットでは、レイヤーの表示、ロック、エディターの表示、オブジェクトソロなどのレイヤー設定をカスタマイズできます。
さまざまなビューセットを切り替えて、すべての設定のオンとオフを何度も切り替える必要がないようにします。

新しいオブジェクト作成ボタンを使用すると、ワンクリックでオブジェクトを作成できます。
これにより、ベクトルシェイプを旋盤オブジェクトに、またはその逆に変換したり、オブジェクトをグループ化およびグループ化解除したり、レイヤーを簡単に削除したりできます



3Dテキスト処理
3Dテキストエンジンは、コンピューターシステムにあるPost Script Type 1、True Type、およびOpen Typeフォントを使用して、プログラムに含まれる100のエッジベベルのいずれかを使用して3Dモデルを直接作成できます。

フォントプレビューリストには最初にフォントを選択しなくても、フォントの外観が表示されます。
上/下矢印を使用して、選択したフォントでテキストをすばやくプレビューできます。
フォントにすばやくジャンプするには、フォントリストに文字を入力します。「t」を入力すると「Tahoma」にジャンプし、「r」を追加すると「Trebuchet」に移動します。

各文字には、独自のフォント、サイズ、カーニング、トラッキング、ベースラインシフト、水平および垂直スケール、色、ベベル、位置、深さを設定できます。
しかし、この機能の最も驚くべき特徴は、制作プロセスのあらゆる段階でテキストを変更し、色、モデリング、アニメーションを保持できることです。
また、お気に入りのフォントを保存する新しい機能を使用すると、フォントサイズ、カーニング、間隔などのすべてのフォント情報を保存できます。

これはプロモーションの最初のバージョンが作成された後、テキストを変更するだけで50の他のバージョンを作成できることを意味します。
新しい3Dテキストは、同じ色、テキスト属性、3Dベベル、テクスチャマップの配置、さらにはアニメーションデータを保持します。
これにより多くの変更や追加バージョンが必要な場合に、信じられないほど高速な生産プロセスが実現します。

さらに3D Textオブジェクトは描画ウィンドウ内で直接編集できます。
これは各テキスト文字のベジェ曲線を編集して、3Dテキストオブジェクトの形状を即座に変更できることを意味します。
テキストオブジェクトはまだ有効なので、スペルの修正や単語の追加などのテキストの変更が必要な場合でもそれを行うことができ、すべてのベジェ編集はそのまま残ります。
このレベルの編集性とテキスト処理の柔軟性を見つけることができる最初で唯一の場所です。



エッジスタイル
オブジェクトを作成したら、エッジスタイルを選択してオブジェクトに特定の外観を与えることができます。
3D Invigoratorには、選択可能な数十のエッジスタイルが付属しています。
3D Invigorator PROユーザーは、独自のカスタムエッジを描画することもできます。

エッジスタイルを選択したらオブジェクトのさまざまな部分にさまざまなマテリアルを適用できるように、エッジを「分割」して、シーンをカスタマイズするための無数の機会を与えます。



オブジェクトスタイル
3D Invigoratorの使用を開始するとあるオブジェクトのスタイルを別のオブジェクトで再利用したい場合があります。
オブジェクトスタイルはこれを簡単にします。
オブジェクトスタイルは、エッジスタイル、マテリアル、オブジェクトの深さ、およびその他のいくつかのパラメーターのコレクションです。
任意のオブジェクトのオブジェクトスタイルを保存して、別のオブジェクトに適用できます。
3D Invigoratorバージョン6専用に再設計された多くの新しいオブジェクトスタイルの1つを使用することもできます。


【互換性】
Mac
・Adobe Photoshop CS5 - CC 2015通常価格を追加
在庫数
無制限
商品カテゴリ
カテゴリを選択
タグ
タグを選択
詳細な設定
フリーエリア
検索画面に戻る


・Photoshop CS3 - CS4を使用しているユーザーの方は、古いバージョンのプラグインについてお問い合わせください。
・Intel Macのみ
・Mac OS X 10.7以降
・浮動小数点計算をサポートするビデオカード。

WINDOWS
・Adobe Photoshop CS5 - CC 2015
・Photoshop CS3 - CS4を使用しているユーザーの方は、古いバージョンのプラグインについてお問い合わせください。
・Pentium 4以上
・Windows 7、8、10
・浮動小数点計算をサポートするビデオカード。