新規 Boris Continuum Unit: Stylize v2020

通常価格:¥ 26,400 税込

¥ 26,400 税込

商品コード: BCSTYLIZE

数量

汚れたテクスチャとグリッチの追加、損傷したテレビの外観、スキャンライン、および位置ずれでレトロにすることができます。
18個のフィルターと200以上のプリセットが含まれており、ロスホストライセンスです。






【特徴】
・画面上のコントロールウィジェット
・工場でインストールされた専門的に設計されたプリセット
・統合FXブラウザー
・統合されたピクセルセレクターマットおよびマスキングシステム
・Adobeホストのネイティブマスクシェイプのサポート
・統合されたMochaマスキングとプラナートラッキングシステム
・オーディオ生成VFX用の統合ビートリアクター
・ハードウェアアクセラレーション(OpenGL / OpenCL)
・マルチプロセッサ(SMP)およびマルチコア(CMP)のサポート


【エフェクト】


Alpha Pixel Noise
BCC Alpha Pixel Noiseフィルターは画像のアルファチャンネルにノイズを追加します。
このフィルターを使用して2つの画像間でピクセル化されたトランジションを作成できます。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かくコントロールできます。



Color Choker
BCC Color Chokerフィルターは画像クリップの色をポスタライズしてぼかし、創造的で芸術的な結果をもたらします。
フィルターが適用されるメディアクリップの色は、多くのフィルターパラメーターを通じて個別、またはRGBグループとしてまとめて減衰もしくはリマップできます。
フィルタには組み込みの色のぼかしやチョークを適用する前に画像をモノクロに変換するチェックボックスコントロールが含まれています。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かくコントロールできます。



Colorize Glow
BCC Colorize GlowフィルターはGlowフィルターに似ていますが、単一のチャンネルからGlowを生成しGlowにグラデーションを適用します。Colorized Glowは元の画像と合成したり、単独で表示することができます。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたモカ平面追跡機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Damaged TV
BCC Damaged TVフィルターは電波の悪いアンテナ信号を受信して​​いる、または修理が必要なCRTスタイルのテレビの外観をエミュレートするように設計されています。

このフィルターによりユーザーは次のような多くの効果を微調整できます。

・ガンオフセット
・歪んだエッジ
・画像ロール
・ノイズ
・スキャンライン
・干渉線

この強力なフィルターは完全自動または手動の両方の操作モードを備えています。
フィルターを自動モードで使用するとフィルターは画像ロール、スキャンライン、ノイズまたはその他の可視パラメーターを自動的にアニメーション化します。
フィルターが自動モードで使用されている場合でも、ユーザーはすべてのパラメーターを完全に制御できます。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Drop Shadow
BCC Drop Shadowフィルターを使用すると、アニメーション可能なドロップシャドウをタイムラインのタイトルまたはクリップに適用できます。



Edge Grunge
BCC Edge Grungeフィルターを使用すると時間の経過とともに輝き、焼き付き、消える定型化されたタイトルを作成できます。

デフォルト設定ではタイトルまたはその他の中程度のサイズのアルファオブジェクトに適用されるように設計されています。
大きなアルファオブジェクトまたは非アルファビデオに適用すると、デフォルトで過度に白飛びしたレベルが生成される場合があります。
これはグローグループを無効にして、これらの大きなオブジェクトのエッジだけに侵食を追加できるようにすることで緩和できます。こ
のフィルターの主な用途は、テキストおよびその他のアルファオブジェクトです。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Glow Alpha Edges
BCC Glow Alpha Edgesフィルターはイメージクリップのアルファチャンネルまたはマスクの輪郭に密着したグローを適用します。
このフィルターはアルファチャネルを持つマスクまたは画像で使用するように設計されています。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Grunge
BCC BCCグランジフィルターはプロシージャルアルゴリズム手法とタイトルで使用できる実際の写真画像テクスチャを組み合わせて、独特の汚れ、劣化、破けた、または溶けた外観を作成します。
これらの同じ効果を背景プレートに適用できます。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



LED
BCC LEDフィルターはアルファ付きの画像、クリップ、またはテキスト要素をスポーツスタジアムで見られるディスプレイボードに似た点滅またはLEDライトの配列から構築されているかのように表示するように設計されました。

デフォルトではライトは適用されたクリップから色を取り、正方形または円形のダイオードもしくは電球に設定できます。
あるいは、適用されたメディア要素にフィルターは色の濃淡を調整できます。

このフィルターはOpenGLを使用してハードウェアアクセラレーションを活用します。
すべての処理はCPUではなくグラフィックカードのGPUによって行われます。
これによりホストシステム内でこれらのフィルターを使用する際のパフォーマンスが大幅に向上し、レンダリング時間が大幅に短縮されます。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Misalignment
BCC MisalignmentフィルターはR​​GBチャンネルを分離することにより、RGBカラーチャンネルのミスアライメントの影響をシミュレートします。

さらに統合されたBeat Reactorコントロールスイートにより、ユーザーはオーディオトラックのコンテンツに基づいてエフェクトプロパティを操作できます。



Multi Shadow
BCC Multi Shadowフィルターを使用すると、ユーザーはソースイメージ上に3つ以上の独立したドロップシャドウを合成できます。



Prism
BCC Prismフィルターは色収差の写真効果をシミュレートするために使用できます。
この場合、不良レンズは画像内のコントラストのエッジに沿ってプリズムカラーフリンジを作成します。

このフィルターはワイプまたはブラー効果の作成にも使用でき、画像内の1つの軸の2点に沿った画像回転のコントロールが含まれます。

このフィルターはOpenGLを使用してハードウェアアクセラレーションを活用します。
すべての処理はCPUではなくグラフィックカードのGPUによって行われます。
これによりホストシステム内でこれらのフィルターを使用する際のパフォーマンスが大幅に向上し、レンダリング時間が大幅に短縮されます。

ビルトインのピクセルセレクターには、統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



RGB Edges
BCC RGB Edgesフィルターは各RGBチャンネルのエッジを個別に検出し、これらのエッジから新しいRGBイメージを作成、選択した適用モードと適用ミックスを使用して新しいイメージをソースに適用します。

エッジフィルターで得られる結果はフィルターが適用されるメディアと使用される正確な設定によって異なります。
隣接するピクセル間の差を強調することでエッジ効果を作成するため、パラメーター調整に対して非常に敏感です。
多くの場合、パラメータ設定のわずかな変更が結果に劇的な影響を与える可能性があります。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



RGB Pixel Noise
BCC RGB Pixel Noisフィルターは各RGBカラーチャネルに個別にノイズを適用します。
またはこのフィルターを使用して、ピクセルの色を変更せずにソース画像の輝度チャンネルにノイズを適用できます。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Scanline
BCC Scanlineフィルターはソースイメージクリップ上にローリングRGBスキャンラインを生成し、ビデオテープまたはフィルムで撮影されたコンピューターモニターの効果をエミュレートするように設計されています。

フィルターが生成するRGBバーのローリングスキャンラインはyx空間と時間で互いにオフセットして、フォトリアリスティックな効果を生成できます。
このフィルターにはリアルさを追加するためのユーザー制御ノイズジェネレーター機能も含まれています。

このフィルターはOpenGLを使用してハードウェアアクセラレーションを活用します。
すべての処理はCPUではなくグラフィックカードのGPUによって行われます。
これによりホストシステム内でこれらのフィルターを使用する際のパフォーマンスが大幅に向上し、レンダリング時間が大幅に短縮されます。

ビルトインのピクセルセレクターには、統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響するかをより細かく制御できます。



Scatterize
BCC Scatterizeフィルターはソース画像のピクセルをシャッフルし、散乱効果を作成します。

ビルトインのピクセルセレクターには統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響するかをより細かく制御できます。
さらに統合されたBeat Reactorコントロールスイートにより、ユーザーはオーディオトラックのコンテンツに基づいてエフェクトプロパティを操作できます。



Video Glitch
BCC Video Glitchフィルターはデジタルビデオの再生中に明らかになる可能性の種類のエラーやアーティファクトをシミュレートするための自動アニメーションフィルター効果です。
ビデオやタイトルのスタイル要素として役立ち、エネルギーと動きの感覚を作り出します。

自動アニメーションを使用するため、キーフレームをほとんどまたはまったく必要としません。
また、アニメーションをオーディオで直接駆動できるようにする統合されたBeat Reactorも含まれています。




【対応】
AdobexAfter Effects/Premiere Pro…CC 2017、CC 2018、CC 2019
・macOSX 10.12、10.13、10.14、10.15(使用中のホストバージョンに応じて)
・Windows 7 x64、Windows 8 x64、Windows 10 x64 [推奨](使用中のホストのバージョンに応じて)


Final Cut Pro X…10.2、10.3、10.4 Motion 5.2、5.3、および5.4
・macOS 10.12、10.13、10.14、および10.15(使用中のホストバージョンに応じて)


Avid Media Composer…6.5、7、8.x、2018.x、2019.x(Continuumリリース時にリリースされたavidバージョンまで)およびmacOS 10.12、10.13、10.14の実行(使用中のホストバージョンに応じて)
・macOS 10.12、10.13、10.14を実行しているAvid Symphony 6.5、7、および8.x(使用中のホストバージョンに応じて)。

Avid Media Composer Media Composer…6.5、7、8.x、2018.x、2019.x(Continuumリリース時にリリースされたavidバージョンまで)およびWindows 7 Professional(64ビット)、Windows 8 ProfessionalまたはEnterprise( 64ビット)、およびWindows 10(使用中のホストバージョンに応じて)。
・Windows 7 Professional(64ビット)、Windows 8 ProfessionalまたはEnterprise(64ビット)、およびWindows 10(使用中のホストバージョンに応じて)を実行するAvid Symphony 6.5、7、および8.x。
・Windows 7 Professional(64ビット)、Windows 8 ProfessionalまたはEnterprise(64ビット)、およびWindows 10(使用中のホストバージョンに応じて)を実行するAvid NewsCutter。


OFX
Continuum OFXは、他のOFXホストではさまざまな程度で機能する可能性がありますが、現時点では、ResolveおよびVegasでのみ公式にサポートされています。
公式のResolveサポートには、Resolve内の埋め込みFusionページがまだ含まれていないことにご注意ください。

DaVinci Resolve Studio/DaVinci Resolve…11、12、12.5、14.x、15.x、16.x(Resolve 14を使用する場合は14.1以上を強くお勧めします。)
・macOS 10.12、10.13、10.14、および10.15(使用中のホストバージョンに応じて)

DaVinci Resolve StudioおよびDaVinci Resolve…11、12、12.5、14.x、15.x(Resolve 14を使用する場合は、14.1以上を強くお勧めします。)
Vegas…13(ソニー)、 14、15、16、17(Magix)
・Windows 7 x64、Windows 8 x64、Windows 10 x64(使用中のホストバージョンに応じて)


OFXホストの追加バージョン要件
OFXホストごとに異なるため、一部の機能または効果はすべてのOFXホストで利用できるわけではありません。
さらに、一部のContinuum機能には追加のホストバージョン要件があります。

Mocha、Particle Illusion、Title Studio、ResolveのFXブラウザーなどのカスタムUIペイン内のプレビューで動的ホストフレームにアクセスするには、Resolveの有料Studioバージョンを使用する必要があり、Resolve Studio 12.5以降を使用する必要があります。
同様に、BCC Optical StabilizerにはResolveの有料Studioバージョンが必要です。


グラフィックカード
・ホストアプリケーションでサポートされている最新のグラフィックカードドライバーバージョンを実行することをお勧めします。
・グラフィックカードはOpenGL 2.1以降をサポートする必要があります。
・HDの編集は、最低1GBのRAMを搭載したグラフィックカードをお勧めします。
・2K以上の編集は、最低2GBのRAMを搭載したグラフィックカードをお勧めします。