新規 Boris Continuum Unit: Key and Blend v2019

通常価格:¥ 52,800 税込

¥ 52,800 税込

商品コード: BCKEY

数量

シームレスなコンポジットを作成します。
Chromakey Studio –ワンストップショップ。
クイッククリーンアップ、ライトラップ、マット。
20個のフィルターと200以上のプリセットが含まれています。
クロスホストライセンス。



Primatte Studio
ロードオブザリングシリーズ、ハリーポッター、スパイダーマンなどの主要な大ヒット作品と同じアカデミー賞にノミネートされた合成技術(Phototron's Primatte)を使用して、簡単にクロマキーとコンポジットを作成できます。
新しいPrimatte Studioは、究極のブルー/グリーンスクリーンツールセットです。排他的な機能は次のとおりです。

・自動グリーン/ブルースクリーン分析
・手動の透明度調整
・照明を調整して、不均一に照らされた画面を修正します
・単一の色見本で完璧なキーを提供する前景オブジェクト検出
・統合アカデミー賞を受賞したモカマスキングおよび平面追跡システム



Alpha Process
BCC Alpha Processフィルターは画像のアルファチャネルをぼかし、ぼかしの出力に対してレベルとガンマ補正を実行し選択した適用モードを使用して出力アルファと初期アルファを合成します。
また、フィルターを使用するとアルファチャンネルが処理された後にぼかしてマットを柔らかくすることもできます。

ビルトインのPixelChooserには、統合されたモカ平面追跡機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Boost Blend
BCC Boost Blendフィルターは、コンポジション内の2つの独立したレイヤーをブレンドし、ブレンドされたピクセルのコントラストを調整する合成フィルターです。

ほとんどの転送モードとは異なり、Boost Blendはソースレイヤーとブレンドレイヤーが異なる場合にのみミックスを調整します。
画像をそれ自体に合成し、ブレンドモードのピクセルがソースピクセルと同一の領域に転送モードが影響しないようにする場合に特に便利です。

ビルトインのPixelChooserには、統合されたモカ平面追跡機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Chroma Key
BCC Chroma Keyフィルターは、青、緑、または赤のスクリーンを使用して、新しい背景ビデオまたは別のファイルの静止画像を背景としてカメラ映像を合成するために使用されます。



Chroma Key Studio
BCC Chroma Key Studioフィルターは、オールインワンキーイングスイートです。画面の強化、オートガベージマット、マスキングを組み合わせています。さらに、ユーザーは1つのフィルターで高度な機能を利用できます。

・クロマキー
・マットクリーンアップ
・マットチョーカー
・前景色補正
・ライトラップ



Composite
BCC複合フィルターは、1つのレイヤーを別のレイヤーに合成するためのさまざまなオプションを提供します。

ビルトインのPixelChooserには、統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Composite Choker
BCC Composite Chokerを使用するとマットのエッジを縮小または拡大して、前景に近づけたり遠ざけたりすることができます。
2つのチョークコントロールを使用すると、マットをスムーズに調整できます。
リージョンパラメーターコントロールを使用すると、フィルターを適用する特定の関心領域を定義できます。



Glow Matte
BCC Glow MatteフィルターはBCC Colorize Glowフィルターに似ていますが、色の代わりにアルファチャンネルを出力する点が異なります。
このフィルターは、元の画像の任意のチャンネルの輝きに基づいてセミアブストラクトマットを作成するのに役立ちます。

フィルターを使用するとユーザーはグローを生成するソース画像のチャンネルを選択できます。
選択したチャンネルの値が高いピクセルは強度が高いと見なされます。

ルミナンス、レッド、グリーン、**ブルー**対応するカラーチャンネルを使用し、ソースアルファチャンネルで乗算します。
Luma Inverseは反転ルミナンスチャンネルを使用します。
乗算されていないLumaと** Alpha **は、変更されていない対応するソースチャネルを使用します。
Luma Cartoon EdgesおよびAlpha Cartoon Edgesは対応するソースチャンネルのエッジを見つけ、エッジにアウトラインを適用し結果の画像を使用します。
Luma Cartoon EdgesまたはAlphaCartoon Edgesを選択すると、すべてのSource Edgesパラメーターが適用されます。
ルミナンスエッジとAlphaエッジは、対応するソースチャネルのエッジを見つけて結果の画像を使用します。
ルミナンスエッジまたはアルファエッジを選択すると、すべてのソースエッジパラメータが適用されます。
ビルトインのPixelChooserには、統合されたMochaプラナートラッキング機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かくコントロールできます。



Light Matte
BCC Light Matteは、適用された光を使用してアルファチャネルを作成または変更します。
光線は光源点から全方向に広がります。
光線が拡大するにつれて、その強度は交差するピクセルの輝度の影響を受けます。光線が光源から遠くなるほど、交差する新しいピクセルの強度による影響は少なくなります。
このプロセスはアテニュエーションと呼ばれます。
これは、光線の強度に対するピクセルの影響が時間の経過とともに減衰するか、減少するためです。

このフィルターにより、ユーザーはライトの作成とソースピクセルの強度の計算に使用するソースカラーチャネルを決定できます。
選択したチャンネルの値が高いピクセルは、強度が高いと見なされます。

Luma、Red、Green、および** Blue **ソースアルファ情報で対応するカラーチャンネルを使用します。
Luma Inverseは反転ルミナンスチャンネルを使用します。
乗算されていないルミナンスはソースルーマチャネルを使用しますが、ソースアルファ情報は無視します。
ソース内のすべてのピクセルは完全に不透明として扱われます。
アルファは、対応するソースチャネルを使用します。
Luma Cartoon EdgesおよびAlpha Cartoon Edgesは対応するソースチャンネルのエッジを見つけ、エッジにアウトラインを適用し、結果の画像を使用します。
Luma Cartoon EdgesまたはAlpha Cartoon Edgesが選択されている場合、Thickness / Intensityは輪郭線の幅を調整し、Cartoon Thresholdはピクセルが完全にオンであると見なされる画像の値を設定します。
ルミナンスエッジとアルファエッジは対応するソースチャネルのエッジを見つけて、結果の画像を使用します。
Luma EdgesまたはAlpha Edgesが選択されている場合、Thickness / Intensityはエッジの強度を調整します。
ビルトインのPixelChooserには、統合されたモカ平面追跡機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Light Wrap
BCCライトラップフィルターは、前景画像のエッジの周りに背景画像を反映して境界を形成します。
これにより、背景画像からの光が前景画像に反射されるという錯覚が生じます。画像が同じ環境で撮影されたかのように見せることで、より説得力のあるコンポジットが作成されます。

ビルトインのPixelChooserには、統合されたモカ平面追跡機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Linear Color Key
BCC Linear Color Keyフィルターは、各ピクセルの色と指定されたキーの色の違いに基づいてキーを作成します。
色の比較はRGBまたはHSL色空間で行うことができ、RGB Weightsパラメーターを使用して各RGBチャンネルの相対的な重要度を調整できます。

BCC Linear Color Keyでは関心領域コントロールを使用して不要な前景オブジェクトを削除したり、前景の透明な領域の不透明度を復元したりすることもできます。
この機能は、前景に背景と同じ色の孤立した領域がある場合に便利です。
(たとえば、背景と同じ色のネクタイをしている人等)



Linear Luma Key
BCC Linear Luma Keyフィルターは、ソースの単一チャンネルからキーを作成します。
キーは通常画像の輝度から作成されるため、このタイプのフィルターはルマキーと呼ばれますが任意の単一のRGBチャンネルを使用することもできます。
ソースの個々のチャンネルを調べて、ルミナンスチャンネルよりも前景と背景のコントラストを高めるチャンネルを使用することができます。



Make Alpha Key
BCC Make Alpha Keyフィルターは画像内の既存のチャンネルの1つから新しいアルファチャンネルを作成し、新しいアルファチャンネルにレベルとガンマ補正を適用します。

ビルトインPixelChooserと統合されたmocha平面追跡により、アルファチャンネルの作成に使用するピクセルをより細かく制御できます。完全に不透明なフルオンアルファチャネルを作成し、PixelChooserを使用して画像のどの部分をキーアウトするかを制御することにより、多くの便利な効果を作成できます。



Matte Choker
BCCMatte Chokerフィルターは正常ではないマットを調整するという、しばしばイライラするタスクのためのツールです。
最初のパスマットには多くの場合、不透明であるべき領域に不要な穴があります。もしくは透明であるべき領域に不要なスポットがあります。
これらの問題は通常、Matte Chokerで修正できます。

BCC Matte Chokerは、反復手法を使用してソースアルファチャネルを処理します。
つまり、フィルターはプロセスの1つのステージをソースイメージに適用し、次に2番目のステージを1番目のステージの出力に適用し、各反復の出力を次の入力として使用してプロセスを繰り返します。



Matte Cleanup
BCCマットクリーンアップフィルターは、不完全なマットを修正し、興味深いマット効果を生成するために使用されます。

多くの場合、キーは背景色の痕跡が前景の被写体のエッジの周りに残る不完全なマットを作成することがあります。BCC Matte Clean upを使用すると、ユーザーはコンポジットブレンドの側面を微調整したり、不透明な領域をチョークして不要なフリンジを除去したりできます。



Pixel Chooser
BCC10で完全に再設計されたBCC PixelChooserは、Mochaプラナートラッキングとより堅牢で直感的なマスキング/マットツールを含み、画像のどの領域がフィルターの影響を受けるかを選択するための多数の手法を提供します。
PixelChooserはBCCのほとんどのフィルターに組み込まれていますが、スタンドアロンフィルターとしても利用できます。

Pixelchooserは、フィルター処理されたピクセルとフィルター処理されていないピクセルの間にマット/マスクを作成し、設計プロセスを大幅に制御します。
マット/マスクは、さまざまな方法で定義できます。

・Mochaプラナートラッキング
・ホストスプラインインポート(AE)
・基本的なジオメトリックシェイプ/グラディエント
・しきい値を設定したルミナンス/アルファ/チャンネルマット
・堅牢なカラーキーイング



Premult
アルゴリズムの複雑さのために一部のBCCフィルター(たとえば、BCC Glow)は、元々透明であったピクセルからカラーチャンネルを混ぜることができます。
これにより、アルファチャネルだけでなくカラーチャネルの透明度情報を含む、事前乗算されたアルファチャネルが作成されます。
BCC Premultフィルターはすべての透明ピクセルのカラーチャネルを選択した色に設定し、これらの場合に混合される色をユーザーが制御できるようにします。

異なる色の新しい背景の上にあらかじめ乗算されたアルファチャンネルで画像を合成すると、アルファチャンネルのエッジは元の背景色情報とブレンドされているため、古い背景の「フリンジ」を示します。
事前乗算されたアルファキーを使用すると、この不要な色のほとんどをキーアウトできます。



RGB Blend
BCC RGB Blendフィルターは、ソース画像のRGBチャンネルとミックスレイヤーのRGBチャンネルを独立して合成します。
コンポジットの明るさとコントラストも調整できます
チャネルごとに独立して。

ビルトインのPixelChooserに統合されたMochaプラナー^トラッキングがあり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。



Star Matte
BCCスターマットフィルターはレイバースト効果を使用して、ソースのアルファチャネルを作成または変更します。



Super Blend
BCC Super Blendフィルターは最大5つのレイヤーを重ね合わせて、各レイヤーでビューを調整およびアニメーション化できる合成フィルターです。

コンポジションを背景レイヤーに適用される一連のペイントレイヤーとして想像する場合、スーパーブレンドを使用すると視聴者の目と背景の間の距離、レイヤーの厚さ、各レイヤーを分離する距離。

ビルトインのPixelChooserには統合されたモカ平面追跡機能があり、フィルターが画像のどの領域に影響を与えるかをより細かく制御できます。


【対応】
Adobe After Effects CS6-CC 2018
Adobe Premiere Pro CS6-CC 2018