Silhouette FX Silhouette v7 - ノードロック mochaオプションのv7へのアップグレード

通常価格:¥ 13,200 税込

¥ 13,200 税込

商品コード: SFX7-MONLY-V56

数量

ロトスコープ、ペイント、モーフ、エフェクト、キーイングを含む視覚効果ツールの完全なパッケージ
Silhouetteはヴィジュアルエフェクト業界に最高のツールを提供し続けています。
完全な機能を備えたGPU加速合成システムとして、その卓越した機能は受賞歴のあるロトスコープとノンディストゥラクティヴペイント、キーイング、マット、ワーピング、モーフィング、および合計142の異なるノードですべてステレオ対応です。

Silhouetteはトレンチで働く人々による長年の開発により開発され、油性の良いマシンのように動作し非常に使いやすいです。
最小限の労力でスピードアップし、最も困難なショットを処理するために必要なツールを手に入れることができます。
前世の視覚効果アーティストとして、私たちはあなたの課題とタイムラインを理解しています。
私たちの目標はユーザーが仕事を適切に、時間通りに、予算通りに遂行できるようにすることです。



【Silhouette v7の新機能-PDF-】
注: mochaはベースのSilhouette製品には含まれなくなりました。これは購入可能なオプションです。フローティングライセンスのお客様は必要に応じてmochaライセンスが配布され、シルエットライセンスの数よりも少なくmochaオプションを購入できます。ノードロックライセンスの場合、mochaオプションはSilhouetteシリアル番号にロックされ、マシン間で受け渡すことはできません。


【特徴】


Trees
Silhouetteの魅力はエフェクトが作成されるTreesウィンドウにあります。
色補正、画像処理、複合ノードなどの一連のクリップとノードであり、接続して目的の効果を作成し、クリップとノードを任意の順序で追加して成長します。
別のノードを編集しながら任意のノードを表示する機能により、1つのパスで設定およびレンダリングできる非常に複雑なコンポジットが可能になります。


ノード
Silhouetteはノードベースのシステムであり、さまざまな機能に異なるノードが使用されます。
画面の下部にある[ノード]タブにあるノードはさまざまなカテゴリにグループ化されます。

ツリーとノードの機能
・カラー、コンポジット、ディフュージョン、フィルター、フィルムラボ、イメージ、キー、ライト、シルエット、特殊効果、時間、色合い、トランスフォーム、ワープ、OFXグループに編成された142の異なるノード
・水平およびバーティカルノードレイアウト
・ジェスチャノードのワークフロー
・ほとんどのノードの視覚的なプリセット
・OFXサードパーティプラグインは互換性があります。現在、Boris Sapphire、Boris mocha、およびRE:Vision Effectsプラグインは、Silhouetteでの実行が許可されています。



コンポジット
複数の画像を結合するために必要なすべてを提供する合成ノードのバランスの取れたコレクション。
合成のトリックとテクニック、色補正、ぼかし、パーティクル、マット操作、レンズの歪み、ライティング効果、エッジブレンドを活用します。
一般的な効果の問題を根絶するか、火、煙、爆発などの画像を組み合わせるための専用ツールを使用します。

複合機能
・合成のトリックとテクニック
・効果的にコンポジットファイヤー、爆発、およびスモーク
・コンポジットのエッジを色補正またはぼかすエッジツール
・独自のマット生成
・縮小、拡大、ぼかし、およびラップ機能を使用したマット操作



ロト
Silhouetteを使用すると、Bスプライン、ベジエ、またはXスプラインシェイプを使用して洗練されたアニメーションマットをすばやく作成できます。
ポイントごとの可変エッジソフトネスやリアルなモーションブラーなど、インテリジェントなデザインと使いやすいツールは複雑な形状のアニメーションの作成を支援します。
統合されたモーショントラッキングによりロトスコープの通常の退屈な作業が簡単になります。

ロト機能
・無制限のアニメーション化されたBスプライン、Xスプライン、ベジェシェイプ
・立体視ロトスコープのワークフローとツール
・モーションデータをポイントまたはシェイプに適用できる統合モーショントラッカー
・プラナートラッカーはマーカーレスの自動モーション分析とトラッキングを提供
・人間、動物、あらゆる種類のジョイントクリーチャーをアニメーション化するためのIK(逆運動学)
・オープンシェイプまたはクローズシェイプのサポート
・移動、拡大縮小、回転、切り取り、コーナーピンシェイプおよびシェイプのグループ
・ポイントごとの可変エッジソフトネス
・リアルなモーションブラー
・すべてのキーフレームで1つのポイントまたは選択したポイントのアニメーションが変更
・独立した形状の表示と非表示
・ユーザー定義可能な名前、色、ぼかし、各形状のブレンドモード
・アウトラインまたは塗りつぶし色として画像上に形状アニメーションをレンダリングする
・形状のインポートとエクスポート
・ビデオフィールドと3:2プルダウンのサポート



IK(逆運動学)
Silhouetteの機能セットはインバースキネマティクスへの革新的なアプローチの追加により強化されました。
3Dモデリングシステムは、一般に人、動物、生物などの関節オブジェクトをアニメーション化するためのIKの利点を長い間享受してきました。
Silhouette V5は、Silhouetteユーザーになじみのあるレイヤーシステムを適応させて関節形状変換用の「骨」構造を動的に生成します。
IK機能が有効な場合、指先などの形状をドラッグすると腕全体が変形する可能性があります。
ロトの作業の多くは多関節オブジェクトで行われるため、SilhouetteのIK機能は時間を大幅に節約できます。


フェザー
モーションブラーを使用してリアルなロト形状を生成したり、ポイントごとに可変エッジフェザリングを使用したりします。



ペイント
シルエットペイントペイントは長編映画やテレビ番組制作の要求を処理するためにゼロから設計された、高ダイナミックレンジで非破壊的な2Dペイントシステムです。
画像の修復、ダストバスティング、ワイヤーとリグの取り外し、または単なるペイントのいずれであっても仕事を遂行するためのシンプルで実用的なツールを提供します。

ペイント機能
・黒と白、傷、ぼかし、クローン、色、色補正、ドラッグ、消しゴム、グレイン、モザイク、修復、散布ブラシ
・非破壊ラスターペイントシステムにより一定範囲のフレームまたはシーケンス全体でペイントストロークを再生
・選択的なストローク再生によるペイントイベントの自動記録
・ペイントストロークとクローンソースの追跡
・洗練されたクローン作成インターフェース
・モーショントラック、位置、スケール、回転、コーナーピンクローンソース
・クローンソースの色補正、ぼかし、またはシャープ化
・調整可能なキーフレーム可能な両眼オフセットを使用して、左右のステレオ画像を同時にペイントします
・要素を一致させるためのオニオンスキンおよび整列ツール
・ブラシとその設定を保存するためのプリセット
・32ビットフロートと8ビットの高ダイナミックレンジペインティング


オートペイント
オートペイントは非常にユニークな機能で、ポイントトラッカーとプラナートラッカーの両方を緊密に統合してすべてのペイントアクティビティを記録します。
ペイントストロークを一致移動または安定化して、ベクターペイントの再現性を備えたSilhouetteにラスタペイントの速度を与えます。
このシステムの美しさはペイントストロークとブラシ設定の自動記録にあります。個々のペイントストロークを選択して、多くのフレームで繰り返したり、削除したりできます。
元のフッテージが変更された場合、ペイント履歴全体を使用してペイントされたショットを自動的に再構築できます。


モーフ/ワープ
Silhouetteにはフル機能の形状ベースの画像ワーピングおよびモーフィングシステムと、最高レベルの制御および品質を提供するピンワーパーが含まれています。
画像のワープとモーフィングは静止画および画像シーケンスで実行できます。
ワープを使用して顔の特徴を強調または誇張したり、画像要素のサイズを調整したり、話している動物やその他の種類の画像変形を作成したりできます。
モーフィングはオブジェクトまたは人物を別のオブジェクトまたは人物に変換するために使用され、最近では実写要素をCG(コンピューター生成)オブジェクトに、またはその逆にシームレスに変換するために使用されています。

ピンワープ
ピンワープを使用するとピンを使用して特定の画像領域をワープしながら、他の領域をそのままにすることができます。
調整は、微妙なニップやタックから、腕や脚の位置を変えるなどのより明白なものまでさまざまです。



モーフ
モーフィングはあるオブジェクトまたは人物を別のオブジェクトまたは人物に変換するために伝統的に使用され、最近では実写要素をCG(コンピューター生成)オブジェクトに、またはその逆にシームレスに変換するために使用されています。

モーフ機能
・画像とシーケンスの歪みとモーフィング
・形状ベースのモーフィング
・レイヤーごとの変換
・深さと折り畳み制御
・統合されたモーショントラッキング
・インタラクティブなプレビュー



デプス
デプスノードには、デプスチャネルを作成するための専用ツールセットが含まれています。

【特徴】
・形状に個々の深さ値を割り当てる
・Horizo​​n、Ramp、Hall、Tunnelの勾配深度ツール
・他のSilhouetteノード(zMatte、Power Matte、Roto、Paintなど)によって生成されたアルファチャネルをデプスマップに変換するアルファツール
・ステレオディスプレイへの出力

デプスツール
Constant、Horizo​​n、Ramp、Hall、Tunnel、Edges、Alphaを含む2D画像の深度マップを作成するためのツールがいくつかあります。
・地平線:地平線の作成
・ランプ:中心からブレンドする水平または垂直のランプの作成
・ホール:廊下を見下ろすように遠近感のあるグラデーションを作成
・トンネル:トンネルを見下ろすような円形のグラデーションを作成

シルエット深度プレビュー
深度プレビューウィンドウには、深度マップの3Dビューが表示されます。3D空間でオブジェクトの深さと配置を視覚化するのに非常に便利です。



キーイング/ズマット
独自のマット抽出技術を使用してzMatteおよびPower Matteノードは、細かい髪のディテール、煙、または反射を扱っている場合でも、画像内のほとんどすべてのオブジェクトをすばやく簡単に抽出できます。
これらは使いやすく、良いショットにも悪いショットにも必要なツールを提供します。

キーイング機能
・インタラクティブな画像マットツール
・DV / HDアーティファクト除去
・複数のマット作成
・色抑制
・洗練されたマット操作


Before

After

Matte

Shapes

キーイング/パワーマット
Power Matteは、前景(切り取りたいもの)と背景(取り除きたいもの)の小さなサンプルに基づいて、画像内のすべてのピクセルの透明度値を繰り返し推定する使いやすいインタラクティブな画像マットツールです。
画像上に単純な形状を定義することによってマークされたピクセル 結果は、以前のアプローチと比較して効率的であり、重要な半透明領域を持つ前景の高品質なマットを抽出するための最小限の労力しか必要としないことを示しています。
さらに、半透明の領域で前景のエッジの色を推定してシームレスな合成を作成できます。


トラッカー
トラッキングは、時間の経過に伴う画像の動きの分析を伴う手法です。
Silhouetteでは、プラナートラッキングまたはポイントトラッキングと呼ばれる自動画像トラッキングシステムを使用しトラッキングすることができます。
このシステムは1~4つの追跡ポイントを利用します。
SilhouetteのPlanar TrackerとImagineerのmocha Planar Trackerの2つのPlanar Trackerが含まれています。

トラッカー機能
・SilhouetteのPlanar TrackerまたはImagineerのmocha Planar Trackerを使用
・プラナートラッカーはマーカーレスの自動モーション分析とトラッキングを提供
・Planar Trackerはコーナー、エッジ、またはリッジをトラッキング
・手動精度のための無制限のポイントトラッカー
・形状の移動または安定化またはペイントストロークの一致
・問題のあるショットの前処理フィルターには、ブラー、シャープ、コントラスト、ガンマ、ノイズ除去、フリッカー除去などがあり、問題のある画像のトラッカーの精度が向上
・トラッキングデータのポストプロセッシング:平均、スムーズ、マージ
・一般的な形式へのトラッカーのエクスポート*
* mocha Planar追跡データは、外部トラッカーとしてエクスポートできません。


平面トラッカー&モカトラッカー
SilhouetteのPlanar Trackerは画像上の複数のポイント(コーナー、エッジ、およびリッジ)をトラッキングし、対象オブジェクトの部分的なオクルージョンを自動的に処理し、テクスチャのないオブジェクトでも優れた結果を生成します。
ImagineerのPlanar Trackerテクノロジーは、ポイントではなくプレーンをトラッキングすることで2D変換データを提供します。


ポイントトラッカー
ポイントトラッカーは、識別可能な画像フィーチャに配置された個々のトラッカーを使用します。



シーケンスエディター
Silhouetteはシーケンスエディターでクリップの切り取り、結合、移動、コピー、置換、トリミング、リタイミング、繰り返しなどの編集タスクを実行できます。

シーケンスエディターの機能
・クリップのインポイントとアウトポイントを設定する
・選択したクリップを自動的に組み立てる
・クリップのコピー、移動、挿入、または交換
・編集の両側をトリミング、トリミング、またはトリミングします
・クリップのリタイミング




【対応】
さまざまなコンピュータコンポーネントが利用できるため、購入する前に、実行するマシンでSilhouetteをダウンロード、インストールすることをお勧めします。

Mac
・IntelまたはAMDプロセッサー
・Mac OSX 10.9以降
・2GBのRAM(4GB以上を推奨)
・キャッシュおよび一時ファイル用に1GBの空きディスク容量
・3ボタンマウスまたはWacomタブレット

Windows
・IntelまたはAMDプロセッサー
・Windows 7 64ビット以上
・2GBのRAM(4GB以上を推奨)
・キャッシュおよび一時ファイル用に1GBの空きディスク容量
・3ボタンマウスまたはWacomタブレット

Linux
・IntelまたはAMDプロセッサー
こちらで指定されているCY2016 VFX Reference Platformに準・拠したLinuxディストリビューション
・2GBのRAM(4GB以上を推奨)
・キャッシュおよび一時ファイル用に1GBの空きディスク容量
・3ボタンマウスまたはWacomタブレット

プラグイン
Adobe After Effects CC以降

ライセンス
Nodelockライセンスには、60日ごとに1回インターネット接続が必要です
推奨グラフィックカード

必須
・NVIDIA GTX 460以上
・AMD Radeon 57xxシリーズ以上
・OpenGL 2.1対応グラフィックスカード
・OpenCL 1.1対応のグラフィックカード
・フィルム解像度用の1GBのグラフィックメモリ


【技術仕様】

アーキテクチャ
・ノードベースのワークフロー
・解像度非依存
・Boris Sapphire、Boris mocha、RE:Vision EffectsプラグインなどのOFXサードパーティプラグインとの互換性
・ステレオ表示と編集
・パフォーマンス向上のための関心領域
・コマンドラインレンダリング
・スクリプトとアクション
・OpenColorIOカラーマネジメント
・GPUおよびOpenGL®アクセラレーション
・マルチプロセッサのサポート
・大きな画像サイズのプロキシ管理

適合
・ファイル形式:Cineon、DPX、IFF、JPEG、OpenEXR、PNG、SGI / RGB、TIFF、およびTARGA
・Autodesk®/Discreet®gMask、ElasticReality®、EyeonFusion®、Nuke®およびShake®4.x SSF形状をエクスポート
・Commotion、Elastic Reality、Shake 4.x SSF形状のインポート
・Silhouette Shape Import / Exportプラグインを使用したAfterEffects®とのマスク交換
・After Effects、Autodesk、Nuke、Shake 4.xトラッカーをエクスポート
・After Effectsコーナーピン、Nuke 8 +、Shake 4.xトラッカーをインポート
・Macintosh®、Windows®、Linux®